笑顔歩きで緊張ほぐし

一般的に、「外回りの仕事」と言えば、銀行や信用金庫などの顧客担当であったり、セールスマンを指すことが多いです。
が、車を運転しての商品配達や、新聞記者、それから芸能人のマネージャーだって、オフィスの中でほとんど仕事をしないという意味では、外回りです。
そして、このような仕事をする人たちに共通の疲れは、体以外の精神的疲れです。
人と接することも多いため、体も心も緊張しているはずです。

それをほぐすのが、「ウォーキング・メディテーション」です。これは、歩くことで緊張を解消しようというものです。

ただ、その歩き方にポイントがあります。いつもよりもゆっくりと、一歩一歩、呼吸を1回ごとに意識し、その間の歩数を吸う時「1、2」、吐く時「1、2」というように数えながら歩きましょう。

また、歩く場所もポイントです。
広い公園や河原の土手のような平坦な土の道が良いです。 大地を踏みしめ、笑顔で楽しみながら歩きましょう。

つまり、歩くことに集中し、何もかも忘れることで瞑想(めいそう)状態に入るのです。

外回りの場合、公園のそばを通ったり、橋を渡った向こう側に土手があったら、短時間でいいのでこの方法を試してみましょう。

inserted by FC2 system